人気ブログランキング |

リリス・リリースのご感想

今日は大雨ですね〜、これは全国的に、でしょうか?


気圧も急降下中でなんだか頭がボ〜ッとしますが、そんな時こそレイキで乗り切りましょう!

カルナをお持ちの方は、第一シンボルを両手に入れて側頭骨から入れて挟んであげるといいですよ^^



さてさて、今日は、キャンペーン中の「リリス・リリース エーテリックサージェリー」の遠隔セッションを受けてくださったお客様からとても詳細なご感想をいただきましたので、ご許可をいただきまして、こちらで紹介いたします。


このワークをご検討中の皆様にご参考になればと思います。


ではでは、以下がお客様からのご感想です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は、リリスリリースのセッションをどうもありがとうございました。

また、シェアリングメールをいただき、感謝いたします。シェアリングをいただき、魂の情報に驚愕してしまうのが先に立ってしまい、感謝がおろそかになってしまい、御礼が遅くなり申し訳ありません。

4月にはAmariさんに、ハイウェアのマジカルコマンドリリースを受けさせていただき、5月、6月とYewさんに、レコンセクレーション、今回のリリスリリースのセッションを受けさせてせていただき、改めてこの3つのセッションはつながっていたのだなと思います。

来月に、セイキムレイキ伝授をひかえ、9月にはスクール卒業を迎えるにあたり、まるでラッシュのように、思いもよらない魂の真実を知ることとなり、また、今月は諸々浮上しやすい時期でもあって、なかなかうまく整理ができていませんが、なにより、大きな解放をさせていただき、感謝いたします。

シェアリングを読ませていただき、いかにこれまでの人生がリリス的なものがしつこくまとわりついていたかを改めて感じ、それを解放していただいたことは、本当に大きな転機になると思います。感謝いたします。

母方の〇〇信仰ー ということですが、曽祖母が熱心に信仰していたそうですし、これまでの人生で、母方の親族は自分も含めリリス的なものを感じます。また、前回のレコンセクレーションのセッション中に、母の姉である伯母から私宛に電話が入っていたというお話をさせていただきましたが、今回リリスリリースのセッションのお代を振り込ませていただくために銀行へ向かって歩いていると、約一年ぶりにばったりこの伯母に出会い、急きょ伯母宅まで私が車で送るということがありました。何か魔が入ると嫌なので、その後すぐにお振込をさせていただきました。今思うと、おそらく伯母も〇〇を祀ってあるところでお願いをしていたような記憶があります。母親もよく私の瞑想中に邪魔をするようなことが幾度もあり、セッション当日も少しでも浄化にと、塩風呂につかっていると、早く出るようにと催促のようなことを言ってきたりして、シェアリングを読ませていただき、今はとても納得できます。

また、セッションを決めさせていただいてからと記憶していますが、ある夜の瞑想中に、頭上の天井あたりからドーンという音がして、こわくなりましたが、レイキをかけながら続けていると、またドーンと鳴り、いい感じではないので瞑想を中止するなどの現象もありました。セッション当日の朝の瞑想では、体の左半身がどうしても黒く映ってきてしまい、これまでも左の肩から腕にかけて手のひらに悪寒のようなエネルギーを感じたことを思い出します。背景にあったアトランティス時代の根深い自身への疑いがハートシードチャクラにあるというのも納得できます。どうしようもない自己不信の原因がわかった気がします。そこにつながりをつくってしまったということも、過去の体験から深く納得いたしました。イワナガヒメに続いて、契約を解除、元居た場所へと帰還していただいたー ということで、本当にどうもありがとうございました。感謝いたします。

その後の出来事として、一昨日には、音信普通にしていたイトコが、突然訪ねてくるということがありました。イトコというのは伯母の娘ですが、何か昔に引き戻そうとするような内容の話しをされる、という感じでした。外でいとこの車を見送った直後に、今度は見知らぬ高齢の男性が声をかけてきて、その人は私の中学生時代の友達の父親でしたが、顔も知らず、会った記憶はありません。ただその友人の親御さんがリリス系と思われる宗教をやっているということは知っていました。「あんた△△さん?」と話しかけられ、「そうですけど」というと、下の名前を聞かれ、話すうちに同級生の親御さんであるとわかったわけですが、私が同級生は元気ですか?とたずねると、「悪戦苦闘しているよ」と言って、何か後から考えると、象徴的な言葉にも思え怖さを感じました。これも自分が作り出したグラマーで、ただの映像だと切り替えましたが、自分の中にまだ、つけ込まれる弱さがあるようでした。

第二チャクラの過去の男性というのも、縁が切れてからも10年近くトラウマになり、エネルギーを停滞させ、影を落としていたもので、リリス性を帯びたーというのは本当にそうだと思いました。これを浄化いただけたことは、本当にありがたく、これまでの人生がほぼリリスの影響であったと思います。

両膝から砂のようなブロックが落ちてきたー土地の集合意識的なものとありますが、以前やっていた宗教で指摘されたのですが、近隣や周りに(リリス系と思われる)宗教の信者が多くいるという指摘をされたことも思い出しました。

また眉間から黒い呪文のようなものが抜けて行きましたーといただき、以前から、松果体をイメージするときに青黒く映ってしまうということもあり、解放していただき、感謝いたします。

ハイウェアのマジカルコマンドリリースのセッションではリーディングは無いところ、比較的情報も出てきていたということで、現在上級課題に取り組む中、その糧になればというAmariさんのお心をいただき、ちょうどリリスリリースのセッションの翌日に、シェアリングメールを受け取らせていただきました。その内容は、人間界での戦いのカルマ、魔術的なカルマ、その奥にオリオンの戦いのカルマが土台となっているということ、また、「アルクトゥルスから地球へ召喚された諜報員的なグループ」=「ケルビム」の記憶など、多くのリーディングをいただきました。

ついで今回のアトランティス時代のレジスタンスーその時の立場を聞いて、諸々なものが出てきており、この時期もあってか、なかなかエゴの執着から抜けられないところでしたが、Yewさんの「赤と青の戦い」のブログを拝見し、今現状ではパーソナリティの個人の視点でしかなく、それでは恐れや執着を離れるのは難しい、ソウルグループという少し上の視点で拡げてみるということを考えさせられました。この心境から抜けるには一歩高い視点を持つほかないということ、やはりそこであると教えていただきました。大きな流れの中でのこの度のセッション、大きな解放であるということを知ることができました。ありがとうございました。

また、アンドロメダ.自然界系の存在たちの気配が序盤から終始感じられていたー今後記憶が拓かれてゆくかもしれませんーといただき、心に留めておきたいと思います。

何よりまず感謝が足りていなかったと思い、そこをよく見つめていきたいと思います。

シリウス、シャンバラのお力、イシスの光線、ホワイトゴッテストサンの白い光線、ハイヤーセルフに感謝いたします。またリリスリリースのセッションに感謝いたします。そして、Yewさん、Amariさんに感謝いたします。

今回も、本当にどうもありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらのお客様は現在Arganza八王子で、エナジーワーカーとしての学びを進めていらっしゃる中での、セッションのお申し込みでした。


レイキの受講、練習中や、ヒーリングカレッジなどのメタフィジカルの学びの中では、どうしても前に進めなくなってしまう、エネルギーが動かなかったり、動いても実感が得られない、またワークをしようとするとなぜか眠くなってしまう、家族などの邪魔が入る、などなど、自分ではどうにもならない時って私もありましたし、そういった事例はよく見られます。


そこを手助けするために私たちワーカーは居りますので、どうぞ遠慮なくエネルギーワークをご利用下さいね。


お客様のお心の強さに触れさせていただき、私も助けられております。こちらこそ、本当にありがとうございました。

これからも応援しております。


Yew

albireo


# by cypress1311 | 2019-06-15 13:52 | Comments(0)

天空都市・赤と青の戦い

先月に入った頃、そう、「令和」という少々キナ臭い響きを持つ年号の始まりと共に、albireoでは、「アンタレス・火星」に関するセッションが多くなった。

アンタレス・火星は、その低位の現れとして象徴的に「戦争や争い・火」を意味する。

人類の歴史とはまさに戦いの歴史なのじゃなかというほど、学生時代は歴史の教科書を開くといつもそう感じていたが、今はジェネシス期からの、本格的なその「お掃除」が必要になってきているのを感じる。

そんな中で多くセッションに浮上しているのが、「天空都市の崩壊」そして「アトランティスの争乱」。

この二つは相似形なのかもしれない。

東日本大震災の折、その後もあまりに大地が揺れ続けるためか、私の脳裏にはいつも見ないようなビジョンが見え始めていた。それが「天空都市」だった。上空に浮かぶ、宮崎駿監督の描く「ラピュタ」のような大きな樹木を抱いた島。そしてそこからは美しい金色の蜜のような雨が降ってくる。。。というビジョンに当時の私はとても驚いた。

でも、後で考えてみて、どうして原発事故や津波に直面しながら、「アトランティス崩壊」の記憶ではなくて、そんな美しいビジョンだったのかと不思議に思ったのだが、どうやらこの二つはリンクしているらしいことが、最近になってわかってきたのだ。

超古の時代、上空に芽生え始めたアンドロメダとアルクトゥルスの存在達による天空都市。世界樹を抱いたその空飛ぶ島は、リラの母性エネルギーを動力源としていた。そこは清々しく、非常に波動の高い「楽園」であったが、ある時、火星もしくはアンタレス星系の攻撃・侵略を受けて崩壊した。

その記憶の中の戦いの元型を、我々人類は、繰り返し繰り返し、形を変え、そして立場を変えて、時には一人の人間の中の鬩ぎ合いとして体験し、そしてそれがいつか終わることを待っている。ソウルグループの誰かがそれを望めば、私たちのようなワーカーの元を訪れて、高次の光の中で、気づき、許され、高みに運ばれて、その双方の業火を終わらせてゆく。

青の戦士たちは、戦いの傷を刻んだ。美しい都市を、高く清らかなもの達を守れなかったと嘆く。それは魂の中では、今でも続いている。

火星・アンタレスにもそれぞれの思いがあったろう。

赤と青の戦い、少しでもこの人類の創世記からの業が薄まり、平和が訪れますように。

人々が本当のことに気がつきますように。

上空を通るの戦闘機の音があまりに頻繁になってしまっているこの頃、心から願ってこれを書いています。

Yew

albireo




# by cypress1311 | 2019-06-12 17:23 | Comments(0)

アンドロメダ・ムジカ with ヒラリオン のご感想 2

こんにちは、今日はすこ〜しだけ晴れ間も見えましたね。
連日の雨の中では、ちらりと見える日の光が、とてもありがたく貴重なものに思えますね。

今日は、先日「アンドロメダ・ムジカ」のモニターセッションを受けてくださった方からの
ご感想を紹介いたします。

このワークにご興味の方がいらっしゃたら、ぜひお読みくださいませ^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

先日は、アンドロメダムジカの遠隔セッションありがとうございました。
セッションの開始時刻から細かい振動を感じ始め、その後も様々な体感やイメージが盛りだくさんの
セッションでした。

いろんなことを書きたいのですが、多すぎて書けないので一部印象的だったことを記していきます。
セッション中の体験で印象的だったのは、エネルギーブロックの除去と修復に関するものでした。
開始後しばらくしてから、みぞおちのあたりに、まるで昔のビデオカセットのような黒く硬く冷たくて
四角いものが入ったような感じがし出しました。
とても苦しく嫌な感じがしていましたが、私の右側に誰かがやってきた気配がした後、急に右耳のあ
たりから、何かぱーっと開いたと感じた途端、小さな天使のような存在がたくさんきました。彼らは
そこから鳩尾めがけて入っていき、ビデオカセット様のブロックをみんなで一生懸命に「わっせわっ
せ」と運び出していました。
セッション後のシェアでは、ヒラリオンが右脳側から修復をかけてくれていたということを聞き、納
得。
このブロックは、世界や自然が崩壊していく言いようのない恐怖や無力感によるものだったとのこと
でしたが、シェアされた内容から私自身のこれまでの人生でしてきたことや、以前から受け取っていた
サインを示している様で随分と納得させられました。
私は昔から、女性や子供(時として男性も)が性的・肉体的な搾取に遭っていることを扱うニュース
や情報・話題に対して過剰に反応していました。
実際には自分がその被害に遭っていないのにも関わらず、ある面では被害者の様な感覚や恐怖感や恥や
怒りといった感情を、違う面では加害者的な罪悪感や恥の感覚を抱いてしまっていました。

それとは別に、ずっと言いようのない虚無感や「何をやっても結局は無駄なんだよな」という諦めの
気持ちが心の底にヘドロみたいにこずんでいる(沈殿している)ように感じていました。いくら生活の
中で自分を奮い立たせても、それは消えませんでした。
それらが今回のセッションで、私が転生をしてきた中での出来事に関係していたということがわかりま
した。そして鳩尾のブロックは、崩壊する世界への恐怖心だったと言われ、それも納得しました。

遠い昔に、豊かな自然を育んでいるこの地球が利己的な力や欲によって侵され破壊されていくのを、暴
力的な攻撃ではなく、祈りによって防ごうとしたけれど叶わなかった女性の姿をした精霊たちの嘆き
や無力感・・・私自身がその女性の精霊だった記憶を持っていたという内容は隠喩として、私の課題と
まさにリンクしていて、以下のように受け取れると思っています。

地球や自然は、私たち人間の欲や力に侵食されていて、それがこの百何十年、それ以上にこの数十年の
間により顕著になっている。自然も、地球自体も疲弊の度合いを増している。(まさに今危機的な状態
ということかもしれませんが)
人間のためだけの「開発」という名の「破壊」を地球や自然は無抵抗に「受容」し続けてきた。
「受容」は「女性性」の特徴の一つであり、「開発」や「破壊」は「男性性」のマイナスな側面を現し
ている。
また人間の「肉体」は、「自然」の一部である。
私が過剰反応していた女性・子供などに対する蹂躙は、「自然破壊」の隠喩であり「地球への蹂躙」
でもある。加えて自分の内なる「女性性」への蹂躙とも取れる。
過剰反応してしまうのは、自分に対するサインであって、スルーせずに「何故そこまで反応するのか」
を見つめなければいけなかった。

しかし私自身は、反応するだけで済ませてしまって内部できちんと向き合っていなかったために、自
分の外側にまで延長してしまい家族や周囲の人々に対して「破壊」を行なった。
内でも外でも女性、女性的なもの、女性性、女性性の特徴、これらを撥ね付け踏みにじるということ
で利己的な行動ばかりをしてしまった。
そして私が感じていた虚無感や諦めは、崩壊していく自然に対して癒しの詠唱を続けても救えなかった
精霊たちの無力感と繋がっている。
嫌な反応を起こすことは、内側からの警鐘。踏みにじる行為を嫌と思うならば、自分がそれをしていな
いか?内にも外にも目を向けるチャンスだったはず・・・。
手遅れになる前に気づきなさいと警鐘を鳴らした(癒しの祈りの声を発していた)のに、そこを見つ
めれば破壊は起こらなかったのにという内なる声の主と世界の崩壊を前に祈りの詠唱をする精霊たち
は相似形をなす。

今回のセッションとシェアリングで、こんなことを受け取らせていただきました。
世界で起きていることは自分の内側で起きていることと相似形をなしていることを改めて認識し、自
分の中から聞こえてくることはスルーしてはならず、嫌な反応であれば、なおさら見つめ対処しなけれ
ばいけない、むしろ気づくための機会が巡ってきた(対処できる自分になってきた)のだと肝に命じ
ないといけないと思いました。

また、たとえそれが自分の内側のことで小さな一人の人間のことであったとしても、きっとこの世界に
とっても無駄なことではないと思えるようになってきています。
おそらく無力感や恐怖感を引きずり出してくれたセッションのおかげだと思います。
本当にありがとうございました。

とはいえ、これから行動に表していかなければ意味がありません。
今私にできることから進めていきたいと思っています。

このほか、セッションを受けてから数日後のエピソードも2つほど書かせてください。
1つは、セッションの翌日に買い物に出かけた時のことでした。買い物客が多く、イライラしていたり
どんよりと疲れている人もたくさん目につきました。流石に私もしんどくなって、ショッピングモール
を後にした帰り道のことでした。
自分のエネルギーフィールドの状態を回復するために高次の助けを借りたいと思い、歩きながら心の中
でヘルプを出しました。
しばらくすると、細かな振動とシャラシャラという音がしはじめて全身が包まれました。
その後、大通りを抜け、静かな住宅街の路地に入った頃に、鮮やかなマゼンダ色の花が私の目に飛び込
んできました。歩いていくたびに、綺麗な水色や紫色・白の紫陽花、明るい緑色をした杉の若い葉など
調整したいチャクラの色の植物たちが目にとまりました。結局、その都度立ち止まってはカラーセラ
ピー、また進んではチャクラワーク・・・と言った具合でした。
おかげで元気になって家に戻ることができました。

音と色、そして植物たち(自然)によって力をもらうことができたことに感謝しながら「あ、これはマ
スター ヒラリオンのはからいか?」嬉しい気持ちになりました。セッション後数日はいてくださると
のことなので、もしかしたらそうかもしれませんね(笑)。

2つ目は、セッション後3〜4日経過してから、シャドウセルフを癒す瞑想をした時のことです。
申し込みの時にもお伝えしましたが、セッション前にシャドウセルフの瞑想を行った時は、非常に暗
いトーンで沈み込んだシャドウセルフとの対面となりました。暗い青紫のもやに包まれ、ギスギスに
やせ細り絶望感にどっぷり浸りきった女性でした。
しかしセッションを受けた後に再び彼女に会いに行った時は、ペリドットのような明るい黄緑色の光
に包まれて、元気を取り戻してきている様子が見えました。背筋も伸び、自身も回復してきているかの
ようでした。セッション前の重苦しい雰囲気はどこへやらと言った感じでした。
今の私の気持ちや状態に、ちゃんと連動しているビジョンが出てきて一安心しました。
これからヒーリングワークの効果が定着しエネルギーの状態が安定していく時期に入っていくと思いま
すが、油断することなく観察しながら、良いコンディションを保っていくよう、セルフヒーリングを
重ねていこうと思います。
今回も、本当にありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レコンセクレーションのセッションから続けてのお申し込みでしたが、
この度も深く感じとってご考察いただき、誠にありがとうございます。

本当に、一人でも多くの方が、自己の内面における「自然破壊」に気がいてゆけると、きっと世界が変わっていきますよね!

ではでは。


Yew
albireo


# by cypress1311 | 2019-06-11 17:01 | Comments(0)

ラジエルのホワイトマジック! モニター募集 他

こんにちは、何となく今日は空気感が重いですね。

やはり毎年この時期は、太古からの様々なエネルギーが、騒ぎ出す時期のようです。

というのも、シュタイナーによると、この時期の地球は幽体離脱をしているのだとか・・・
初めてこれを聞いたときは、ちょっと意味不明だなぁと思ったのですが(笑)

要するに、ガイアというこの星の母なるスピリットが、自分のお母さん(おバアちゃん)のところへ帰ってしまっている。。。ので、地上がちょっと乱れがち。。。なのかもしれません。すごく簡単にいうと、ですが。

そして、そのおバァちゃんの影響も強く出る時期。これがジェネシスヒーリング体系内でいう「リラ」のよう。
(ちなみに、ジェネシスヒーリングで扱っているリラのエネルギー「ディーザ」は本来の宇宙的な高いリラエネルギーで、
この場合の「おバアちゃんリラ」とは別物です。)


さて、毎年この時期は「リリス」問題も浮上しがちです。このリリスとリラの関係性も拓かれてきている。
先週末などは、私も家族も倒れそう(実際に倒れた)な勢いのエナジーが街にも充満していましたが、今日も・・・怪しい。


現在の日本のスピリチュアル業界って、結構この「リリス」という四次元存在とつながってワークしている人々もいます。
そういう系統のワークは、一見普通に真面目そうだったりもして、(でも大体はもろに女性性が強く出ている。「愛され〇〇」とか謳っていて)そしてワークの効果も、すぐに目に見えやすかったりもする。
なので、なかなか見分けが付きずらいかもしれないですが、繊細な方は、その系統のエナジーを使い続けるうちに、本当に命に関わるような大変なことになってしまうこともあります。つまり光の次元とは四次元ではないのです。

本来、これから我々が向かう先である五次元以上の、光の柱となって人類のために働いて下さる予定の皆さんが、
そのような非進化側の手に落ちてしまうのを見過ごすわけには行きません。

スピリチュアル業界はほんと〜に珠玉混合です。その中で「本物」は本当に少ない。

神智学では、「闇のフォースの使い手たちは、物質化を行い、軽率な人々がそれに惑わされる」と言います。スピリチュアルは昔から怪しいものも混ざり混んでいる分野なのです。(鋭い方々が、その「怪しさ」にだけ目を向けて、「本物」に対しても偏見を持たれていたら、それはそれで非常に残念ですが。。。)

元々は善良で純粋な方々でも、いや、善良で純粋だからこそ、そのようなエネルギーのチャネルとなって仕事をされていることもある。

そしてその危ないエネルギーの出所を辿っていくと(色々あるけれど)、結構この「リリス」のことも多いのです。

そんな訳で、この「リリス・リリース エーテリックサージェリー」昨日も2件のセッションを行いましたが、まだまだキャンペーン続行中です。ぜひこの機会にご検討ください。


さて、今日はもう一つお知らせです。こちらも上(高次)から促されまして、「ラジエルのホワイトマジック」を単独ワークとしてリリース致しました。シャンバラマスター界と大天使ラジエルの共働ワークのようです。(モニター様、2名を募集中。)

色々ハードなこの時期、お役に立てれば幸いです。


ではでは。
良き週末をお過ごしください。


Yew
albireo





# by cypress1311 | 2019-06-08 13:11 | Comments(0)

アンドロメダ・ムジカ with ヒラリオン のご感想

こんにちは、今日は気持ちの良いお天気ですね。

明日からついに梅雨入りとの噂を聞き、今朝は洗濯をたくさんしました。

これからしばらくは、しっとり雨が続くのかなぁ。


さて今日は、先日、Albireoのオリジナルワーク「アンドロメダ・ムジカwithヒラリオン」のモニターワークを受けてくださったお客様から、ご丁寧な感想をいただきましたので、ご紹介しようと思います。

おかげさまで4人のモニタリングセッションを終えることができました。
ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございます。

どうやら、当初に作ったワークの前半部分が、この主に記憶の解放とライトボディの修復ワークで、
後半はまた自然界系ソウル強化ワーク?として後日リリースの運びとなりそうです。

ヒラリオンが何故、今コンタクトしてきたのか。。。についても次第に理解が深まってきています。
ペリドットのような眩い陽の光を、連日身近に感じているYewです。


では、以下がお客様からのご感想と後日のご報告になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は、アンドロメダ・ムジカ with ヒラリオンの
セッションをありがとうございました。
本当に気持ちがいいセッションをありがとうございました。
最初の祈りの時の直前に鳴らされた鐘の音と祈りの言葉で私は
涙してしまいました。
セッションは開始早々懐かしくもありました。
とても丁寧で優しさが感じられるセッションでYewさんのお人柄が
でているんだなと思いました。
セッション中も時々、涙がでてきました。
最後に視界(目を閉じた状態で)を左→右に飛んでいった鳥?が
印象に残りました。蝶のようにも見えたのですが動きが早かったので・・・。
ここで1つ追加でお伝えしたい事があります。
今朝、ご飯を食べて歯を磨いている時に気が付いたのですが、
なんと、両手の平にたくさんの白銀の粒子がついていまして、キラキラと
輝いているのを発見しました。
最近は聞きませんが、手から金粉がでた!とか聞いたことがありますので、
似たような現象(意味はわかりませんが)?と思いました。
細かい粒子なので、色はハッキリしませんが金色ではなく、白銀のように
見えました。
私の中では白銀=グレース(エロヒム)なので、おお~と感動してました。
Yewさんからセッションを受けた事で祝福や自分の状態が良くなった
のではないかと感じています。
(自分のリーディングでは粒子はセッションの影響とでました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この他に、お客様からは、セッション後のスカイプ通話でのご感想として、

本質を顕現させるエネルギーと感じた。
居心地が良く、自然体でいられるような。自分が戻ってくる感覚が感じられた。
清涼感を感じ、懐かしさも。
また、非常に丁寧な優しさを感じられた。

後半部分では、強く眩しい光を感じ、不要なものが剥がれてゆくイメージがあった。
サードアイが反応し、太陽、陽のイメージも感じられた。
ピンクやグリーンの光が見え、眠たくなった。

などのご感想をいただきました。
既にヒーラーをされているお客様なので、体感やビジョンも詳細で、こちらもとても参考になりました。
ありがとうございます。

この日のセッションは、現在ジェネシスの全体としての流れの中で浮上中のものも含め、いくつかのジェネシスの大きな相が浮かび上がり、自然界系ソウルであるお客様にとっても、非常に重要な転換期のセッションとなったような気がしております。この度のご縁に感謝いたします。

また、ご感想にあった白銀の粉ですが、私も何年か前や子供の頃(これは金粉=プラーナ?だった)に出たことがあります。

本当に高波動エネルギーの物質化ってあるのですね〜。興味深いですね!

(今日の記事はなぜか文字がガタガタしています。読みづらくてすみません〜)


Yew
albireo



# by cypress1311 | 2019-06-06 16:45 | Comments(0)

精神世界、メタフィジカル、ヒーリング、自然療法、神智学のことなど


by Yew
プロフィールを見る
更新通知を受け取る